捨ててよ 安達さんの5話のあらすじ・感想

「捨ててよ、安達さん。」も5話となり新しい展開となってきました。
今回も、あらすじと世間の声を集めました。

捨ててよ 安達さんの5話のあらすじ

ここからは、『捨ててよ 安達さん』第5話のあらすじを紹介していきます。

安達さんはドラマの休憩中に、後輩である梶原(梶原ひかり)から話があると言われます。

梶原からは「正直、私の演技どうですか?」と聞かれ、その後も2人の演技に対して熱い議論を投げかけていました。

安達さんは苦笑いしながら話を聞いていると、梶原からもっと本気でぶつかりたいと訴えられます。

その後、安達さんは梶原に嫌われていると思いひどくショックを受けました。

その夜、安達さんは誰からも好かれたがる気持ちを捨てることを決意しました。

誰かと話したいと思い、夫に電話しようとも考えるものの、夫がいるジャカルタは夜中だったため、電話することを諦め仕方なく寝ることにします。

安達さんは、寝る前に謎の少女が出てくることを念じると、実際に夢の中で謎の少女が出てきました。

安達さんはやっと自分の夢をコントロールできたと喜びますが、謎の少女は支配されたような気がしてムッとしています。

そして、謎の少女と梶原の話になると、謎の少女はある1人の女性を連れてきました。

その女性は、梶原だったのです。

捨ててよ 安達さんの5話の感想

ここでは、『捨ててよ 安達さん』第5話の感想を紹介していきます。

「捨ててよ、安達さん。」5話の安達祐実にガツガツくる後輩女優が梶原ひかりなのなんかうまいなーとか思ってしまった
引用元:https://twitter.com/gh0908_or_tachy/status/1270356460531113984?s=21

安達祐実さんが本人役で出演されてて、第六話では婚約指輪(多分IT田さんからのもの)を捨てる話なのですが、笑いどころ満載です。
引用元:https://twitter.com/maskedriderstr1/status/1270157429368426496?s=21

『捨ててよ、安達さん。』
今一番好きなドラマ。
第5話で安達さんが後輩女優にブチ切れるシーンがよかった。
引用元:https://twitter.com/lolo_875san/status/1268348006035632128?s=21

嫌われたくなくて当たり障りなく振る舞う気持ち、わかるなぁ。
感情的に振る舞う人を見ると、羨ましい反面、イラッとしてしまう。
みんなでうまくやっていくには、誰かが我慢しなきゃいけないのに、って。
引用元:https://twitter.com/chako_neko/status/1267791704641294336?s=21

安達さん「私は考えてやってんの、技術でやってる。役者魂っていう曖昧なものに頼ってないの!」
ド迫力。安達祐実って本当にそういうタイプだと思って長いこと見てきたけど、ここにきてハッキリ言われて驚いた。本音なのか脚本としてなのかはいまいち謎だけどすごかった
引用元:https://twitter.com/mano_ymdkn/status/1264874497045192709?s=21

捨ててよ、安達さんの5話、メチャクチャいいな…最高だな…安達祐実さん………
引用元:https://twitter.com/_ynk/status/1263615138453581824?s=21

捨ててよ、安達さん。5話を見終わったけど、良い回やった
変わらなくてもいいって言われることってとても救われる
引用元:https://twitter.com/mtygrl/status/1263447505947131904?s=21

まとめ

「捨ててよ、安達さん。」5話は、人生の事を考えさせられる神回とも言える
特に、安達祐実の役者魂を全否定する会話が本音っぽく、子役から長く芝居を行っていた安達祐実だから言えるセリフだと思う。

益々面白くなってきたので来週も楽しみですね。

最新情報をチェックしよう!