捨ててよ 安達さんの7話のあらすじ・感想

捨ててよ 安達さんの7話のあらすじ

ここからは、『捨ててよ 安達さん』第7話のあらすじを紹介していきます。

安達さんは、撮影の合間に梶原と台本についての話題で盛り上がりました。

その話を聞いていたマネージャーは、未だ断捨離するものに悩んでいる安達さんに対して、本を捨てたらどうかと提案がします。

その夜、安達さんは家の中にたくさんある本の中なら何冊か選び、ベッドの上で読み始めました。

そして、ベットで本を読んでいるうちに、いつの間にか眠りについてしまいました。

夢の中で、安達さんはフローリングを掃除しており、謎の少女はゴミ箱を覗いています。

安達さんは謎の少女を自身の新たな子供なのかと考え、「わたしって、もしかして妊娠しているのかな?」と問うと、謎の少女は安達さんの未来の娘ではないと答えました。

そんなやりとりしていると、2人の若い女性が訪ねてきました。

その2人はヨウコ(松本まりか)とミヤ(徳永えり)という名前で、お互いが「この子を捨ててくれ」と言ってきます。

なぜ、捨ててくれと言っているのかというと、実は2人は『狂王の庭』という小説だったのです。

『狂王の庭』が安達さんの家に2冊あったため、どちらかを捨ててくれと頼んでいました。

捨ててよ 安達さんの7話の感想

ここでは、『捨ててよ 安達さん』第7話の感想を紹介していきます。

単行本と文庫本、どっちを捨てるかという話だった。単行本役が松本まりか、文庫本役が徳永えり。いい結末! 小池真理子「狂王の庭」は実際に安達祐実が好きな本らしい。
引用元:https://twitter.com/roug02/status/1268133375623041030?s=21

捨ててよ安達さんの7話。めちゃくちゃおもしろかった。キャスティング神だわ、、
引用元:https://twitter.com/_vv_ai_vv_/status/1267430949265870848?s=21

面白いアプローチの回でした!
所有の仕方の違いについて
電子書籍の擬人化イメージと音楽、最高でした!
あと終わり方が素敵!
音楽だとCDなのかデータ購入なのかサブスクなのか、YouTubeかって感じですかね!
引用元:https://twitter.com/entakanet/status/1266698210443005953?s=21

松本まりかさんの衣裳は『狂王の庭』の装丁を意識されたものだろうか
徳永えりさんも松本まりかさんも『狂王の庭』キャスティング似合いそう
引用元:https://twitter.com/mitarashitv/status/1266546775097135106?s=21

本のお話。私も持っている本を誤ってまた買ってしまったケースが度々あります。。今でも2冊とも持ってたりするし。。人にあげるのならともかく捨てるのが出来ない気持ち分かるわ~ 徳永えりちゃんと松本まりかちゃんのお芝居が楽しい回でした。
引用元:https://twitter.com/markun0/status/1266527185776467968?s=21

「捨ててよ、安達さん。」第7話にして初めて観たんだけど、面白い。
最近面白いドラマが放送中なのに気付くのが遅い。再放送ないかなぁ。
婚約指輪の回が観たい。
引用元:https://twitter.com/misastake/status/1266525518779650048?s=21

最新情報をチェックしよう!