捨ててよ 安達さんの8話のあらすじ・感想

捨ててよ 安達さんの8話のあらすじ
ここからは、『捨ててよ 安達さん』第8話のあらすじを紹介していきます。

安達さんが家に帰ると、玄関から子供の道具で散らかっていました。

安達さんはしぶしぶ子供の道具を片付けますが、靴箱に靴を入れようとしたときに、いくつか入りきらない靴がありました。

その靴は靴箱に入れずに、そのまま外に出しておくことにします。

安達さんは一通り子供の連絡帳を見たり、洗濯物を畳んだりしているうちに、いつの間にか眠ってしまいました。

夢の中で、安達さんは謎の少女(川上凛子)とナポリタンを一緒に食べながら、謎の少女の正体について詮索していました。

そんな謎の少女と会話をしていると、玄関からノックの音が聞こえてきたものの、なかなか部屋に入ってきません。

安達さんと謎の少女は様子を見に聞くと、玄関には黒い服を着た女性(早織)が俯いたまま座っていました。

彼女はすみませんと謝りつつ、元彼と付き合ったときに無理して購入したヒールだと言います。

ヒールは「今更顔なんか見たくなかっただろう」と言いますが、安達さんは「そんなことないよ」と言いました。

捨ててよ 安達さんの8話の感想
ここでは、『捨ててよ 安達さん」第8話の感想を紹介していきます。

『捨ててよ、安達さん。』第8話観ました!
「安達祐実」さんの涙はやっぱり重みがある…
流石です
引用元:https://twitter.com/llrfukudakeigo/status/1270692136959135745?s=21

好きな人の為に、背伸びして頑張ること
多くの人が人生の中で経験することかもしれません。
頑張ってる自分をかっこ悪く思うことがあるかもしれませんが、頑張ってる人は素敵です!
引用元:https://twitter.com/someranian2/status/1269774629297549312?s=21

「捨ててよ、安達さん。」8話最高でした。ここに読点入る作品が好きな傾向あり。
引用元:https://twitter.com/maruyamaq/status/1269097074286489602?s=21

今回も捨てる物へのこだわりに感動させられたよ。今回は靴。思い出の靴ってあるよね。そして愛着のある靴はボロボロになってもずっと履いていたい。些細なテーマを物語にするこのドラマ。次週も楽しみ。。
引用元:https://twitter.com/markun0/status/1269058619124801538?s=21

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!