海水浴場はコロナで中止?関西・伊豆・和歌山・千葉など調査!

夏になってきましたが、多くの海水浴場はコロナで中止となってると聞きます。
関西方面や伊豆・愛知県・和歌山・千葉など海水浴場が多くある地域の情報を調査しました。

海水浴場はコロナで中止?

新型コロナウィルス感染予防の為に各地の海水浴場は開設を中止する事を発表する自治体や企業が相次いで報告されてる。

海水浴場は屋外でソーシャルディスタンスをしっかり取れそうだが、更衣室やトイレなどで3蜜(密閉・密集・密接)となってしまう為に断念している様だ。

海水浴場を開く場合条例で監視委員や救護所を設置・手配が必要となるが、海水浴場としては開かなくても海岸自体は自由に立ち入りできるために水難事故やゴミのポイ捨て問題が出てきそうではある。

特にサーフィンなどを好む若者の場合、自由に海岸を出入りするので、自治体は密接や共同トイレの使用時の注意を呼びかけている。

また、一部の海水浴場のみ開設した場合、多くの人が集中して芋洗の状態になってしまい海上で3密になってしまう事も懸念されている。

関西の海水浴場はコロナでどうなる?

(7/1情報)
大阪に4つの海水浴場は全て開設が中止となりました。
中止 二色の浜海水浴場(貝塚市)
中止 箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ、阪南市)
中止 りんくう南浜海水浴場(タルイサザンビーチ、泉南市)
中止淡輪海水浴場(ときめきビーチ、岬町)

兵庫県は、35箇所中19箇所は開設しない

特に神戸市は遊泳を全面的に禁止し24時間体制で警備員を配置する様です。

淡路島は全ての海水浴場が開設しない。

京都府は24箇所中9箇所は中止が決定他は検討中

京都府の検討中の中で宮津市の海水浴場は、禁止しても観光客が遊泳し安全確保の為に開設予定

和歌山県は22箇所中8箇所は中止6箇所は開設予定8箇所は検討中

関西は全体の半数以下であるが開設する予定だが
中止している海水浴場でも、監視する為に市や町の職員などが巡回するようだ。

伊豆の海水浴場はコロナで中止?

新型コロナウィルの営業で湘南や千葉方面の海水浴場は殆ど開設しない様です。

しかし、伊豆方面はほぼ開設する方向の様ですが、開設期間が各海水浴場で違うので詳細は、お問い合わせください。

下田エリア

白浜中央 白浜大浜 外浦  九十浜 鍋田  多々戸入田 吉佐美大浜 田牛 の海水浴場全てオープンする予定です。

南伊豆エリア

弓ヶ浜 妻良アスレチック の海水浴場全てオープンする予定です。

ヒリゾ浜は7月1日より開設しており9月30日まで開設する予定です。

松崎エリア

岩池 雲見 の海水浴場全てオープンする予定です。

熱海エリア

熱海サンビーチはオープンする予定です。

河津エリア

今井浜海水浴場はオープン予定ですが8月1日からの予定です。

河津浜海水浴場はオープンしません。ライフセーバーもいませんのでご注意ください。

西伊豆エリア

田子瀬浜 クリスタルビーチ はオープン予定です。

黄金崎海水浴場と大浜海水浴場は未定です。

伊東エリア

宇佐美海水浴場 伊東オレンジビーチ 川奈いるか浜公園 は全てオープン予定です。

伊豆方面は関東の人たちでいっぱいになりそうですが、安全を確保して楽しみたいですね。

千葉県・神奈川県の海水浴場はコロナで開設中止?

神奈川県は全面的に海水浴場の開設は中止!
千葉県も九十九里町、勝浦市、鴨川市、南房総市以外の8割の海水浴場は中止となったが、4つの海水浴場も検討中の様だ。
千葉県には制度上、開設の許可権限は無いので各自治体が決める様だが感染のリスクを考えるとなかなか難しい判断となる。

まとめ

多くの海水浴場が開設中止となっている。
まだプールの方が監視しやすいので開設する施設も多いが更衣室の使用を避けるようにする為に家から直接水着を着て貰い帰りのに更衣室を使用する様にしている施設も多い。

いろいろ考えているが正解も見えない問題に多くの自治会が悩んでる

最新情報をチェックしよう!