夏バテ対策できる運動と原因!自律神経が関係?!高齢者でもできる?

夏になると、体がだるくなったり疲労感が抜けなかったりする方もいるのではないでしょうか。

夏バテには症状や原因があり、自律神経が関係しているとも言われています。

しかし、夏バテはしっかりと対策をすることで事前に防げます。

そのためには、食事や睡眠、運動を意識することが大切です。

そこで、夏バテの症状や原因、自律神経が関係していることについて、高齢者でもできる運動についても詳しく紹介していきます。

夏バテの原因と症状

日本の夏は高温多湿な環境であり、暑さが体に影響して体の機能が低下してしまいます。

それを夏バテと言いますが、夏バテになると具体的に以下のような症状が出ます。

疲労感
体のだるさ
熱っぽい
イライラする

なぜこのような症状になるのかというと、大量の汗をかくことが原因です。

人の体は暑さを感じると体温が上昇し、汗をかくことで体温を下げます。

このように、汗をかくことで体温を調節していくのですが、夏場になると大量の汗をかきます。

その汗の中に水分だけでなくミネラルなども排出してしまい、栄養素がなくなってしまうのです。

夏バテ対策は自律神経が関係する?!

夏バテ対策には、自律神経が関係していると言われています。

汗をかくのは自律神経の働きによるものです。

また、自律神経について詳しくまとめると以下のようになります。

交感神経:汗をかくようにする働き
副交感神経:汗をかかないようにする働き

交感神経には汗をかくようにする働きのほかに、胃腸の動きを止める働きもしています。

一方で、副交感神経は汗をかかないようにする働きのほかに、胃腸の動きをスムーズにする働きをしているのです。

しかし、夏場の温度や湿度の上昇、エアコンの効いた室内と室外の温度差が原因で自律神経の交感神経や副交感神経が正常に働かなくなってしまいます。

これらが原因で体の体温調節ができなくなってしまい、夏バテしてしまうのです。

夏バテ対策をするときは、自律神経が正常に働けるような環境を作っていく必要があります。

主な夏バテ対策として、「食事」「睡眠」「運動」の3つがとくに大事です。

夏場になるとどうしても冷たいものを食べたり飲んだりしたくなります。

しかし、冷たいものばかりを食べたり飲んだりしてしまうと、胃腸に大きな負担がかかってしまいます。

すると自律神経の乱れだけでなく、胃や腸などの消化器機能の低下の原因にもなるのです。

また、栄養バランスのない偏った食事をとると、自律神経の乱れにも影響します。

とくにビタミンやミネラル、エネルギーといった栄養素は夏場になると不足しがちです。

食事のときはしっかりと栄養バランスを考えて摂取してください。

睡眠は体の疲労を回復させてくれます。

質の良い睡眠を心がけて環境を整えることで、健康的な体を目指せます。

しかし、なかなか夜に寝付けないという方もいるかもしれません。

そういった場合は、昼間に20分ほど昼寝の時間をとって補うようにしてください。

そのほかにも、運動をして体力をつけることも大切です。

夏バテしてしまう原因として、基礎体力がないことも挙げられます。

日頃から運動する習慣をつけておくことで、夏バテすることなく健康な状態を維持できるでしょう。

しかし、高齢者の方はなかなか運動をすることが難しい方もいるかと思います。

そこで、次の章では夏バテ対策できる高齢者向けの運動を紹介していきますね。

夏バテ対策できる高齢者向けの運動!

まず、夏バテ対策におすすめの運動は有酸素運動です。

代表的なものだと、ウォーキングやジョギングなどが挙げられます。

高齢者の方でもウォーキングしている方は多いですが、ポイントはゆっくりで良いので無理なく休憩を入れながら行うことです。

ペースを早めるのではなく、人と会話をしながらゆっくり散歩する感覚で行うと良いですね。

そのほかにも、ラジオ体操やストレッチなどは高齢者向けの運動として挙げられます。

これらも本格的に行うのではなく、「ちょっと体を動かしてみる」くらいの感覚で大丈夫です。

また、階段を使える方はエレベーターやエスカレーターを使わずにゆっくり歩くだけでも良い運動になります。

このように、日頃の生活の中でうまく運動を取り入れていくと快適な夏を過ごせますし、夏バテ対策にもなります。

しかし、1つ注意点としてどんな運動をするときも必ず水分補給は行ってください。

汗をかいて栄養を補給しないと、脱水症状になり倒れてしまう可能性もあります。

スポーツドリンクは、お医者さんが高齢者の方におすすめしている夏バテ対策の飲み物なので、ぜひ取り入れてください。

まとめ

今回は、夏バテの症状や原因、自律神経が関係していることについてや高齢者向けの運動についてまとめました。

夏バテはしっかりと対策することで、症状を抑えられます。

自律神経の交感神経や副交感神経の働きを整えることで、夏バテすることなく快適に夏を過ごせますね。

夏バテしやすい高齢者の方も、簡単な運動をするだけでも対策できるので、ぜひ日頃の生活の中で取り入れてみてください。

最新情報をチェックしよう!