海鼠はナマコだけど海ねずみはワンフェスの造形作家さん

海鼠と書いてナマコと読みますが、海ねずみさんははワンダーフェスティバルに参加されてる造形作家さんの事ですよ

海鼠は「うみねずみ」とも読めますが、ナマコですよね。

ナマコの事を、なぜ海鼠(うみねずみ)と書いたのかは謎だが、一説によるとねずみの様に見えるからとも言われている。
古事記の中に天宇受売命と海鼠の事が書かれてる程、昔からナマコは海鼠です。
ただ、読み方は海鼠と書いて「こ」と読んでました。その後、ミミズの様な生物(幼虫も含む)の事を「こ」と呼ぶようになり
ナマコもカイコも「こ」と呼ぶのでややこしくなり
「ナマコ」は海のこ
「カイコ」は飼うこ
と呼ぶようになったが、海の事をなぜ「ナマ」と読んだのかはまたもや謎である。

海鼠は世界で1500種程、日本では200種類程が生息し30種類ほどが食用とされてます。
食用としてされてる種類の中でマナマコがほとんどを占めており、
体の色の違いでアカナマコ、クロナマコ、アオナマコと呼び方が違うだけです。

ナマコは意外と昔から食用とされており
江戸時代の三大珍味として
越前の雲丹(ウニ)
長崎の唐墨(カラスミ)
三河の海鼠腸(このわた)があげられます。

ちなみに
海鼠腸(このわた)はナマコの腸を塩漬けした物で
海鼠子は(このこ)と読み、ナマコの生殖巣の素干しにした物の事をさし
煎海鼠で(いりこ)と読み、ナマコの煮干をさします。

ナマコ料理は、海鼠を「こ」と読んでいた頃の名残が残ってますね。

ナマコは外的に襲われると内蔵を出して敵から逃れる?習慣があり、この技を「内蔵吐出」と呼ぶそうです。
その後、一ヶ月程で内蔵は再生するそうですが、
この習性を利用して
海鼠腸・海鼠子・煎海鼠を作るようです。
謎の多い生物ですね。

海ねずみはワンフェスの造形作家(フィギュア)さん

多くの皆様が勘違いしてる海ねずみさんは、造形ディーラーと自称する造形作家さんです。

1999年から作品を発表してるのでかなり熟練された造形作家さんです。

ちなみに2011年まで原型師名を「海ねずみ」を使用しており
現在は、SACHIという名称で商業原型を作成している様です。

直近では、ALTERの男性キャラを作成するアルタイルで「アーチャー」の作成に協力してる様で
特に鬼頭栄作さんという武器造形作家さんとのコラボを多く行い作品を作成している様です。

ただ鬼頭栄作さんも海ねずみと名乗ってるので本人なのか他人なのかは謎ですね、

さらに、鬼頭 祥子さんもご一緒される機会がある様で、奥様なのか本人の別名なのか
またもや謎の多い人です。

海ねずみの鉄人28号

海ねずみさんの中で一番有名な作品ではないでしょうか?
2004年にワンフェスに出展したオリジナルアレンジの鉄人28号です。
https://twitter.com/search?q=%E6%B5%B7%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%BF%E3%80%80%E9%89%84%E4%BA%BA%EF%BC%92%EF%BC%98&src=typed_query

独特のセンスで蒸気機関で動いている様な仕様に仕上がっており質感・作り共に最高の鉄人28号ですね。

海ねずみのメーテル

2005年に海ねずみさんが作成し発表した銀河鉄道999のメーテル14年前に発表したとは思えないクオリティー

髪の毛の表現と帽子や洋服のふわふわ感がしっかり表現されてます。
海ねずみさんは、メーテルや森雪は小学生から模写しまくったようでソラで描けるレベルだそうです。
https://twitter.com/search?q=%E6%B5%B7%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%BF%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB&src=typed_query

まとめ

海鼠の不思議さと海ねずみさんの素晴らしさをまとめました。
2020年の時点で海ねずみと海鼠を混合してるようですので指摘しました。

 

http://uminezu.blog16.fc2.com/blog-entry-52.html

最新情報をチェックしよう!